マイルで得する★旅行スタイル=H.I.S 気軽にソウル 3日間 明洞エリア

マイルで得する★旅行スタイル
マイルで得する★旅行スタイル >> H.I.S 気軽にソウル 3日間 明洞エリア 旅行記録 >> 2日目 景福宮(キョンボックン)&ウォーカーヒル・カジノ観光

スポンサードリンク

 H.I.S 気軽にソウル 3日間 明洞エリア 旅行記録

 韓国・ソウル旅行(パッケージツアー)の2日目。

 2008年8月11日(月) 2日目 景福宮(キョンボックン)&ウォーカーヒル・カジノ観光
 昨日の疲れは残っているものの、何とか起床。8時50分にロッテホテルに集合し、オプショナルツアー「景福宮(キョンボックン)観光」へ参加した。景福宮は1395年に朝鮮王朝の正宮として建てられ、1553年の大火、1592年の文禄の役にて2度焼失したが、朝鮮王朝末期の1868年に再建された建物だ。

 正門である光化門(クァンファムン)が復元中であるため、東門より入場した。中に入って目に入ったのは広がる城壁、砂利の道、適度にある緑。都会の中に残る史跡は、イタリア、ローマを少し思い出させた。


景福宮の慶会桜
印象に残ったのは国宝223号に指定される勤政殿一帯。立派な屋根構えと、日本にはない鮮やかな色使いから、朝鮮王朝の歴史・偉大さを感じた。

また、涼しく水の上に浮かぶ慶会桜も印象的だった。30度を越す暑さの中、慶会桜の側では涼やかな風が吹いていたのが原因かもしれない。


景福宮の国立民族博物館
その後国立風俗博物館へ進む。ハングル文字の説明が中心だったので雰囲気だけを感じることしかできなかったが、日本も使っていたと思われる拾円紙幣や秤(※1)、もちつき器などがあり、戦時中の日本の歴史についても少し考えさせられた。

※1、秤(はかり)・・・天秤のような形で片側に対象となる物をのせる器、片側に重りと目盛りがあり、ちょうどつりあうところの重さを量る。

 景福宮(キョンボックン)の後は民芸品店に寄った後、仁寺洞(インサドン)の通りで人気のある冷麺屋さんに入り、冷麺をいただいた。水冷麺(日本の普通の冷麺)と少し辛い冷麺のうち、後者を選んで食べたのだが、辛い。こちらの少し辛いは、日本で言うとかなり辛いということらしい。テーブルに置いてあった温かい鳥のスープを冷麺に加えたので辛さが薄まり、おいしく食べることができた。一緒に食べた蒸し餃子もうまかった。大きさは手のひらくらいと大きく、チヂミのタレと同じ味のタレにつけていただいた。

 食後は冷麺を食べた建物の通りをはさんだ向かいの2階にあった少しオシャレなカフェへ。日本語をしゃべれるスタッフがいて、なんなく注文することができた。頼んだのは五味子茶(オミジャ茶)の冷たいもの(温かいものもあるらしい)。アセロラドリンクのような赤い色の飲み物に松の実とシャーベットのような薄い氷が浮いていて、甘酸っぱい味で美味しかった。

 店内にはお店に訪れた記録を残したメモが壁一面とテーブルにもびっしりと貼り付けられていた。日本人、韓国人がテーブルの上にあるメモ帳を使って書いたもののようだ。私も1枚記念に記した。もし今後、韓国、ソウルにて同じ喫茶店に入った方は私が記した1枚を目にすることがあるかもしれない。


 13時30分に解散し、次の予定までホテルで一休み。次は無料のオプショナルツアー「バカラ ウォーカーヒル 南大門市場」。16時50分にロッテホテルに集合し、バスで約40分かけてウォーカーヒルのカジノへ到着。外国客・円歩からの客専用で地元の人間は遊戯禁止。さらに撮影禁止と厳格なルールを徹底している。外観はキレイで内装は高級ホテル。赤いバラが描かれたじゅうたんが通路中央に敷かれている。日本語によりルーレットの説明があり、夜は1時間の自由行動。ゲームはルーレット、ブラックジャック、バカラ、ダイサイ、スロットの5種類があるようだ。私はバカラに座って楽しむ。バカラは人気があり、立ち見がいるほど。たくさん空いているバカラの席があったので座ろうとするとミニマム(最小ベット額)が50,000ウォン(=約4,500円)。ちょっと高いので、ミニマムの低い台を探す。空き席がほとんどなかったところに目ざとく空き席を見つけて滑り込んだ。バカラのミニマムが一番低いところは10,000ウォン(=約900円)。ミニマムが2,500ウォン(=約225円)のルーレットと比べると若干高めである。
 14ゲームほどして+25,000ウォン(=約2,250円)で終了。ちょっとプラスでウォーカーヒル・カジノを後にした。

 そして次は南大門(ナムデムン)市場へ。今年酔っ払いか誰かによって南大門(ナムデムン)が焼け落とされてしまったため見ることができないのが残念だ。いまは復元中らしい。
 南大門(ナムデムン)市場はガイドさんにも言われたのだが、日本のアメ横のようなところだった。靴、食べ物、メガネ屋などが並ぶ。特に多かったのが豚足屋さん。少し歩いただけでも豚足屋さんを5店舗以上目にした。人気があるのだろうか。そして、ブランド品のバッタモンが堂々と売られていることにも驚く。「お兄さん偽物どう?」なんて声をかけてくるから凄い。取締りとかがない、もしくは弱いんだろうなぁ。
 適当なお店に入り、サムゲタンを食べた。大量の鶏肉が煮込まれていておなかいっぱいになった。

 南大門市場から明洞(ミョンドン)のREXホテルまでは徒歩で10分ほど。なので歩いてホテルまで戻って就寝した。


 2泊3日なので明日は最終日だ。明日午後には飛行機で帰国するが、午前中には韓国を楽しみたいと思う。


次ページ ⇒ 3日目 実弾射撃&帰国











Copyrights マイルで得する★旅行スタイル All Right Reserved.